製本ができるまで【ご注文の流れを紹介】

本が出来るまでには、様々な工程と時間を要して出来上がります。
それらの流れを簡単にご紹介致します。

①・・・・・企画
②・・・・・印刷
③・・・・・製本(中綴じ・無線綴じ)
 ③-1・・・・・前加工(折・型抜き[トムソン]・貼込み・挟み込みなど)
④・・・・・配送
⑤・・・・・納品

①企画・・・デザインや用紙の大きさなどを決める

お客様によっては、様々な目的やご要望があるかと思います。
当然、本を作ることに関して初めての方などもいらっしゃると思うので、ヒアリングから入ります。

ヒアリングの内容に関しては、
・どのような本が作りたいのか
・誰に読んで頂きたいのか(配布・訴求方法について)
・どのような内容なのか(デザインについて)
・本の風合いなどの選定(用紙について)
・ご予算
などをお聞きした上で、制作準備に取り掛かります。

次にサンプルデータなどを制作し校正作業に入り、相違や問題点がないか確認しあって印刷工程にはいります。

②印刷・・・制作過程がスタートします

印刷工程は、ペラ・2つ折り・3つ折り・中綴じ・無線綴じなど、本の種類によっても工程が様々あります。
また、ページの間に挟み込んだりするハガキなどの印刷をする場合もあります。

③製本・・・印刷された用紙を製本していきます

印刷されたページを綴じ合わせ製本していきます。

③-1のように前工程で印刷された用紙を特殊な形に抜くトムソンやページの間に封入する綴じもの(ハガキや袋とじ)を先に挟み込んだりする工程などもあります

④⑤配送納品・・・出来上がった本を出荷し納品します

お客様のご要望によって、納期は様々で、納期日や分納や数ヶ所の配送など柔軟にご対応しています。(チャーター便・自社配送)
また小ロットの場合は、宅配便などでお届けとなります。

PAGE TOP